3Dシミュレーション

イーラインのマウスピース矯正 お試しも可能!

3Dシミュレーション・口腔内スキャン装置

治療後の歯並びを「治療前に確認」できます!

矯正治療は、虫歯治療と比べると、膨大な治療期間と治療費を費やすことになります。 そのため、患者さんからすると、「できれば、治療前に治療後の状態を確認したい」と思うのが普通だと思います。 口腔内スキャン装置というスキャンシステムを利用することで、治療を開始する前に、治療後の歯並びをシミュレーションすることができます。

矯正歯科医師と一緒に歯並びをデザイン!

口腔内スキャン装置を利用することで、矯正歯科医師と患者さんが一緒に「どのような歯並びが理想か」を話し合いながら決めることもできます。

不快感が少ない「型取り」

マウスピース型矯正歯科装置を製作するには、歯の型を取る必要があります。
口腔内スキャン装置を利用することで型取りの際の不快感を軽減できます。

わたしたちもマウスピース矯正で輝く笑顔を手に入れました わたしたちもマウスピース矯正で輝く笑顔を手に入れました

矯正治療の内容、メリット・デメリット、リスクについて

治療内容

イーライン矯正は、患者さま一人一人に合わせたマウスピース型矯正装置を使用し、歯並びや噛み合わせの矯正治療を行います。凸凹な歯並びや出っ歯、受け口、口元の突出などの噛み合わせの悪い歯並びを治します。

費用について

個人の症状や治療内容などによって異なりますが、7回コース:30.8万円(片顎のみ)/14回コース:38.5万円(片顎のみ)/無制限コース:110万円 (両顎)で提供しています。

※すべて税込の金額です。

※初診料は医院によって異なる。

マウスピース矯正のメリットとデメリット

【メリット】

  • ・取り外しも可能で、一定期間ごとに新しいマウスピースと交換となるため、常に清潔な状態を保つことができる。
  • ・透明で目立ちにくい。
  • ・金属アレルギーがある方でも使用でき、さらに口腔内を傷つける心配がない。

【デメリット】

  • ・1日20時間以上装着する必要があるため、患者さまご自身での自己管理が大切になる。
  • ・重度の症例の場合、治療費が高額になることがある。

リスク

  • ・新しいマウスピースを装着後数日間は、痛みや違和感を伴うことがある。
  • ・歯根吸収(歯の根っこがすり減って短くなること)が起こることがある。
  • ・治療完了後も、保定装置(リテーナー)を使用しないと、歯が後戻りをすることがある。

クリニック一覧を見る